川口市東川口の金谷歯科医院は健康を守り育てる歯科医院

HOME

お口の健康を守り、育てる歯科医院

金谷歯科クリニック 外観何でも美味しく食べられ、お口の中に不快感がなく、大きな口で笑える。

そのような健康を素晴らしいと感じてもらえる方々のお手伝いをするのが私達金谷歯科医院の使命です。

予防中心で、一度治療した歯はなるべく長期間機能するよう、定期健診と予防的処置で全面的に患者様のお口の健康をサポートします。

患者様が来院されることを楽しく感じ、御自身の健康を実感され、笑顔でお帰りになれる歯科医院、痛くなった時に行く所ではなく、お口の健康を守り、育てるための歯科医院です。

治した歯がまた虫歯になったなんていう経験はありませんか?

ちょっと考えてみてください。もし目の中にバイ菌が入って視力が落ちてきたとしましょう。その時にメガネを作って一時的に目が見えるようになったからといって、それで目は治ったのでしょうか?

目の中に入ったバイ菌を除去しなければ目はどんどん悪くなってしまいますよね?

虫歯や歯周病も同じように細菌による感染症なのです。だから虫歯でできた穴を削って詰めて一見キレイに治したとしても細菌(歯垢、プラーク)をきれいに除去(ブラッシング)してやらなければ今度は治したまわりからさらに大きな虫歯になってしまうのです。

毎日歯磨きをしているのに虫歯や歯周病になったなんていう経験はありませんか?
日本人の90%以上の方は1日に1回以上の歯磨きをしていると言われていますが、成人のほとんどの方に虫歯経験があり、80%以上の方に歯肉炎があると言われています。

金谷歯科医院スタッフ

最新投稿

  • Tooth Fairy(歯の妖精)~Tooth Fairyプロジェクトについて

    歯科治療において、外した金属や入れ歯を集めてリサイクルします。これらの金属は、金やパラジウムなどを含んでいて、子供達を支援する大切な資金となります。

  • 本当は恐ろしい病気 骨粗鬆症と歯周病の関連性について

    骨粗鬆症は一口でいうとカルシウム不足が原因で起こる病気なので、予防には積極的にカルシウムを摂取することが望ましいと言われています。カルシウムの1日の理想摂取量は600mgです。また、閉経後や妊娠中・出産後には800mgの摂取が推奨されています。

  • 歯周病 ~見直そう生活習慣~

    運動不足と歯周病はあまり関係のないように思えますが、運動不足だと血行が悪くなります。歯肉を通る血管の血流も悪くなり、衰えた歯肉は歯周病の進行を早めます。また、適度な運動は身体の抵抗力を高めます。ですから間接的に歯周病予防に繋がります。

  • 歯周内科って何?

    歯周病とは、お口の中の細菌が原因で発症します。ブラッシングが上手く出来ずに磨き残しがあると、食べかすが歯の表面に付着したままになります。そのまま放置されると細菌が繁殖する住みかになります。その細菌が毒素を出し、歯肉は炎症を起こします。